WORKS

本事業は、一級河川遠賀川に架かる旧橋の老朽化に伴う架け替えと、交差点改良による交通混雑の緩和等を目的としてした整備です。
 周辺では先行して河川空間の公園的な整備(直方リバーサイドパーク。2009年デザイン賞受賞)が行われており、また上流側には故福留修文氏監修の多自然川づくりが存在していました。そこで福岡県では豊かな河川風景とよく馴染む橋を目指すことにし、2007年11月に橋梁構造・景観等の専門家からなる景観検討会を組織しました。
 同検討会では、福岡県により既に設計が進められていた橋長214m、幅員17m、3径間連続箱桁・両端部単純中空床版橋を出発点とし、同一の設計条件、事業費、工期等のもとで議論を開始。主役である河川景観の中にあって、遠景として目立たず軽い印象の橋、近景として威圧感のない橋を目標に据え、橋梁本体(主桁、橋脚、橋台)を主対象に最適解を模索しました。スタディでは敢えてCGを使わず、模型を用いて高水敷上からの眺めを吟味し、位置を変えてまた吟味するという手法を繰り返しています。
 主桁を扁平アーチの連続桁としリズム感のある軽快な姿にすること、モーメントバランスと審美的なバランスから最適なスパン割りとすること、二主箱桁構造を採用し桁側壁にテーパーを持たせることで主桁の幅を絞り、桁下空間の圧迫感を低減すること、合わせて橋脚のボリュームを最小化し対岸への視線の抜けを確保すること等、現場打ちのコンクリート構造物として可能な様々な工夫を行いました。
 本橋の構造形式やデザインは決して特殊なものではありませんが、どうすれば主役の川の風景の中に普通の桁橋をさりげなく置くことができるかという問いに対して、定石の範囲で可能な最適解を実現することができました。
 竣工後、直方北九州自転車道が開通し、川辺を利用する市民の数はさらに増加傾向にあります。この「普通の橋」が、遠賀川の美しい風景の脇役としていつの間にか馴染んでくれることを願っています。





二橋あるうちの下流側沈下橋越しに望む旧勘六橋。逆光でシルエットになっている。川の伸びやかな風景の中にあって、目立たない鄙びた橋であった。旧勘六橋の手前に上流側の沈下橋が見えている。


右岸高水敷(上流側の沈下橋の近く)から上流側に見た旧勘六橋。控えめだが味わいのある13径間のRCゲルバー桁橋であった。この手前(下流側)に新橋が建設された。

旧勘六橋右岸側高水敷部分。橋のつくる日陰で釣り支度中の子供達。橋脚が門型で向こうが見えるため橋下空間には開放感があり、通り抜ける際にも圧迫感を感じることはなかった。後付けされた横抱きの添加物が目立つ。


新橋当初案のCG。旧橋と比較して橋脚数は減ったものの、右折レーン確保による桁断面の増大により橋脚の幅が広くなり対岸の眺望阻害が危惧された。主桁も断面が広くなったことで、桁下空間への圧迫感が危惧された。

旧勘六橋の写真と同じポイントから見た、新勘六橋遠景。開放的な川の風景の中にあって、旧橋ほどではないが、控えめに佇んでくれている。下流からの眺めは、南面するため逆光によるシルエット景になる。


旧勘六橋の写真と同じポイントから見た、新勘六橋中景。当初案では無かった高水敷の緩傾斜スロープ化、橋台部の覆土・緑化により、リバーサイドパークの空間と橋との馴染みが良くなっている。

自転車道路から見た新勘六橋。橋脚ボリュームの最小化、すっと通った地覆のライン、大きな張出部の陰影と絞った主桁、そして水切り遊びの石の軌跡のようなアーチのリズムにより、近景での開放感を確保した。


橋桁直下。テーパーをつけた主桁側面と張出部の接合ラインの位置を調整することで主桁を薄く見せている。張出部には反りを入れ軽い印象にし、現実に重量も軽減した。多くの添加物は主桁二基の間の空間に隠した。

右岸橋台部。天端まで覆土し緑化することで堤防と馴染ませた。桁直下は日照不足で緑化困難なため植栽は実施していない。少しだけ土羽から覗く橋台端部は、小判形橋脚に呼応し1/4円にラウンディングしてある。


夕暮れ時の新勘六橋。奥の山並みのシルエットが美しい。LED照明柱の高さを抑え歩車道境界に配置したため明かりが川面に落ちることはほとんどなく、川の生態系への影響は最小限に止まっている。(写真:梶谷憲靖氏)

水辺館開催のイベントで川遊びをする子供達。水深が浅いので楽しく遊べる。沈下橋の向こうが新勘六橋。様々な工夫が奏功し主張の少ない橋になっている。右岸橋台周辺はこの写真の撮影後に緑化を完了した。(写真:仲野健太郎氏)


車両用防護柵、歩道転落防止柵はシンプルな既製品を採用しコスト低減を図った。照明柱と二段式手すり、金属部塗装色(直方グリーン)はリバーサイドパークと同一。歩道舗装材は近隣の県橋梁と同等のものを採用した。
土木学会デザイン賞 講評
土木学会デザイン賞 2020 優秀賞 より引用 (http://design-prize.sakura.ne.jp/archives/result/1423
もし身近な土木構造物が、みな勘六橋とおなじように、誠実でていねいに設計され、つくられていれば、それだけで身のまわりの景観はずいぶんよくなるだろう。そんな好感を抱かずにはいられない仕事である。
 下流側の沈下橋から眺める、水辺の空間と過不足なく調和している勘六橋の姿形が、設計者が目指した価値を余すところなく語っていて、とても心地よい。合理的で無駄のないプロポーションと、全体をスマートに見せるさりげない造形上の配慮の数々は、そのまま橋梁デザインのお手本になると思う。
 また、とくに共感したのは、下流側のみ歩道の中間地点に設けられた小さなバルコニーで、おおらかで魅力的な「直方の水辺」(2009年度最優秀賞受賞)を眺めるちょっとした展望場になっている。さりげないデザインの主張だが、橋の上から直方の水辺へと意識をつなぐ、この場所ならではの効果的な装置となっている。
 一方で、親柱や高欄、照明などのファニチュアのデザインの精度、路面や橋詰部の空間造形に、少々残念な印象が残った。構造物本体がとてもシンプルで合理的な思想でできているだけに、人の身体が触れる部分のディテールの荒さが、むしろ目立ってしまうのかもしれない。総合的な完成度を評価して、優秀賞の授賞となった。
(東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 教授 中井 祐)
 まず、この河川を跨ぐ橋梁のデザインについて、基本設計案が地元市民の要求で見直されたところに注目したい。過去に遠賀川の河川敷整備がデザイン賞を受賞しており、地元のインフラ整備に対する目が肥えている。地元のより良い河川空間景観を! の声に行政が応えた結果、限られた予算のなかで最善案最適案が導き出された。
 本橋の計画・設計では、通常は経済的で施工性にも優れる工場製作でプレキャスト部材の鋼桁やPC桁が採用される。実際、連続する東勘六橋や上下流に架かる新橋と日ノ出大橋はPCポステンT桁橋である。これを工費増は抑えつつ、河川敷を利用する人に配慮し、遠景にはリズミカルな変断面の薄いシルエットで、中景では大きな張出し床版による陰影で桁高を薄く見せ、壁式橋脚で張出し梁を設けずにスッキリと、近景では、排水管を見せない工夫、大きな張出し床板と橋脚のスリットで圧迫案を軽減し、広々とした遠賀川の景観に溶け込ませた。
 更に地元要望で下流側に一箇所バルコニーが設けられている。ここからの遠賀川の開けた眺めがとても気持ちイイ。いたずらにバルコニーを設けるのではなく、利用者である人に対するデザインとしても評価したい好例である。
(中央復建コンサルタンツ(株) /京都大学工学部 非常勤講師 丹羽 信弘)